シールド工法工事、セグメントボルト締付専用機。電動・エアートルクレンチ
TOP PAGEセグメントレンチについて

セグメントレンチについて (電動・エアートルクレンチ)

 
 詳細・お問い合わせはこちら
 

地下鉄・共同溝・下水道・電気・ガス導管など、地下施設建設のためのシールドトンネル工事には
数多くの「セグメント」が使用されております。
このセグメントを締結するボルト数は非常に多く、
しかも狭く深いボルトボックス内で一定のトルクで締め付ける必要があります。
さらに中・大口径のトンネル内では、高所作業が多く含まれることから特に作業効率が悪くなり、
ボルト締付け時間の作業サイクルタイムに対する影響が、大きな問題となっておりました。
この問題を解決するために、地下鉄工事現場のご協力をいただき、
テスト・改良を重ねた結果生まれた製品が『セグメントレンチ』です。
すでに、各地の地下鉄・火力発電所・ガス導管・下水道工事など、
多くの工事にご採用いただき作業性の大幅な向上に貢献しております。
『セグメントレンチ』は、操作もカンタン。作業される方の負担軽減⇒作業効率アップ!

 ●この写真は一部を除き「大成・大豊・銭高建設工事共同企業体 首都高中央環状品川線内回り」シールド工事現場様のご協力により撮影させていただきました。
●転載・コピー・配布厳禁。
詳細・お問い合わせはこちら